千葉における直葬という選択

最近は直葬も多くなっているという事をご存知でしょうか。

直葬というのは、昔お金がなく葬儀を行う事が出来ない方、また遠い親戚がお亡くなりになり、あったことも話をしたこともない方の親族が自分だけという時、費用をかけずに弔うため行う、というイメージの葬儀です。

今でこそ、直葬という言葉が浸透していますが、通常の葬儀のスタイルで行わないこの葬儀の形は、火葬のみ、という事です。

つまり、葬儀を行う余裕がない、金銭的に苦しいというご家族が葬儀をしたくてもできないため、火葬のみ行うという形でした。

しかし今は、千葉でも新しい葬儀の形として定着しつつあります。

亡くなってから家族を煩わせたくない、と考える方が、生前、葬儀は直葬で通夜、告別式などはいらない、火葬する時に思いをはせてくれればいい・・・と遺言を残されていることもあります。

またご家族の経済的事情によってこうした葬儀の形になる事もあります。

ただ、現代は千葉でもどこでも、こうした葬儀の形は、異形と取られることはなく、人それぞれ、家族それぞれの葬儀の形として捉えることができるようになっています。

お亡くなりになったという事実が重要な事で、その方の事を忘れずに祈りを続けるということが最も重要な事です。

葬儀の形がどのようであれ、その後、お亡くなりになった方を心の中に常に置いておくことが出来れば、さよならの形にとらわれる必要はないのです。

葬儀の形が変わっても、故人にささげる気持ちは、みなさん変わりません。

直葬であっても故人を忘れずに心に留め置くことが重要なのです。

Categories: 葬儀の変化
千葉における直葬という選択 はコメントを受け付けていません。
5月
5

檀家制度を利用しない葬儀

昔は葬儀を行う際、檀家となっていないと葬儀でお経を唱えてもらえないとか、戒名を頂けない、また葬儀は行ってくれても、お墓を建立するためには檀家になる以外方法がない、という事が多かったです。

家族が大勢いて、みんなが田舎の先祖代々の墓に入るという事なら檀家になる事も仕方ないと思いますが、核家族化が進み、田舎を離れて千葉などに暮らしているご家族もいます。

遠くにお墓を持つよりも、近くにお墓を・・という事で、民間の霊園などを利用するご家族が非常に多くなり、千葉などでもほど近くの霊園にお墓を求める方が多いです。

こうしたお墓の事等もあり、檀家制度にとらわれない葬儀が多くなっています。

田舎に行くと檀家制度が色濃く残っていることもありますが、それでも家族葬や直葬など費用をかけない葬儀を行うご家族が多くなっているため、菩提寺にこだわることなく葬儀を執り行う事も少なくありません。

檀家になるとお寺さんとの継続的なお付き合いが必要となり、法要なども含めて色々と動く必要が出てきます。

費用が常に掛かるという事を考えると、やはり檀家制度を利用せずお墓も民間霊園の方が楽・・と考える方が多いのです。

またお子さんが少なくなっている時代です。

少子化の時代なので将来、お墓や檀家などの事を含めて、お子さんに面倒がないように一番シンプルな形を選択するという方も多くなっています。

最終的に葬儀後、法要などを行っていくのは子供世代になっていきます。

子供世代が何かと面倒なことがないようにと考える方も少なくないのです。

Categories: 葬儀の変化
檀家制度を利用しない葬儀 はコメントを受け付けていません。
5月
5