千葉における直葬という選択

最近は直葬も多くなっているという事をご存知でしょうか。

直葬というのは、昔お金がなく葬儀を行う事が出来ない方、また遠い親戚がお亡くなりになり、あったことも話をしたこともない方の親族が自分だけという時、費用をかけずに弔うため行う、というイメージの葬儀です。

今でこそ、直葬という言葉が浸透していますが、通常の葬儀のスタイルで行わないこの葬儀の形は、火葬のみ、という事です。

つまり、葬儀を行う余裕がない、金銭的に苦しいというご家族が葬儀をしたくてもできないため、火葬のみ行うという形でした。

しかし今は、千葉でも新しい葬儀の形として定着しつつあります。

亡くなってから家族を煩わせたくない、と考える方が、生前、葬儀は直葬で通夜、告別式などはいらない、火葬する時に思いをはせてくれればいい・・・と遺言を残されていることもあります。

またご家族の経済的事情によってこうした葬儀の形になる事もあります。

ただ、現代は千葉でもどこでも、こうした葬儀の形は、異形と取られることはなく、人それぞれ、家族それぞれの葬儀の形として捉えることができるようになっています。

お亡くなりになったという事実が重要な事で、その方の事を忘れずに祈りを続けるということが最も重要な事です。

葬儀の形がどのようであれ、その後、お亡くなりになった方を心の中に常に置いておくことが出来れば、さよならの形にとらわれる必要はないのです。

葬儀の形が変わっても、故人にささげる気持ちは、みなさん変わりません。

直葬であっても故人を忘れずに心に留め置くことが重要なのです。

Categories: 葬儀の変化
5月
5

Comments are closed.